クレカ現金化は法律に抵触することはないのでご安心ください。

誰もが納得の30社比較
MENU

違法性はないの?

クレジットカードの現金化を利用したことのない人にとっては
「クレジットカードのショッピング枠を現金に変える」
と聞くと、何となく後ろ暗いような印象を受けてしまっている方も居るかも知れません。

 

現金化業者と言うのも、

 

もしかしたら反社会的な団体によって運営されているのかも知れない
と言う不安や、

 

クレジットカードの現金化そのものに、違法性があるかも知れない・・・、
とクレジットカードの現金化を躊躇してしまっている人も少なくないのではないでしょうか?

 

ここでは、クレジットカード現金化を利用するに当たって、一番気になるその部分の質問に答えて行きたいと思います。

 

違法性はないの?

クレジットカードの現金化が法に触れる、と言う事はありません。
ご安心ください。


ウェブサイトなどで「クレジットカードの現金化」が違法である、と明記してあるサイトなどもありますが、これは間違いである、と言えます。

 

クレジットカードの利用規約に「換金目的でのクレジットカードの使用をしてはならない」と言う文言が記載されてはいますが、

これはあくまでも「規制」でしかなく、法的に罰せられると言うことはありません。

ただ、クレジットカードの利用規約上で言うと、厳密にはグレーゾーンである事を理解して、自分自身でリスクヘッジを充分に考えた上で利用して頂ければ、と思います。

 

クレジットカードの現金化イメージバナー

クレジットカードの現金化の流れは、

  • クレジットカードで商品を購入する
  • 現金化業者に商品を買い取ってもらう

 

と言った非常に単純なもの。

 

その流れの中の、商品の選定や、買取の手続きなどを現金化業者に代行してもらうことで、面倒な手間を省いてくれる、と言ったものです。

 

それが法に触れてしまう、と言うなら、たとえばクレジットカードで買った本や、ゲームなどが自分の好みに合わず、ブックオフなどに売った時にも違法性がある、となってしまいます。

 

安心して、クレジットカードの現金化を利用して、生活にお役立てください。