初めて利用する業者は甘い宣伝文句だけでなく、口コミなどでしっかりと調査しましょう。

誰もが納得の30社比較
MENU

詐欺業者にご注意

クレジットカードの現金化と聞くと、それだけでダーティなイメージを持ってしまう方が居ます。
バブル期の、闇金が横行していた時代に「カードでお金」と言うキャッチフレーズで、悪質なクレジットカードの現金化業者が横行していた時代がありました。

 

しかし現在、貸金業法も改正され、クレジットカードの現金化業者も様相を変え、
現在では「急場のお金を工面する方法」の一つとして、完全に確立している、と捉える事が出来ます。

 

今や、消費者金融に頼る前に、クレジットカードの現金化を考える、と言う方も非常に多くなっています。
近年では、消費者金融などよりも、クレジットカード現金化の方がクリーンでお手軽なイメージがあるのかも知れませんね。

 

このように、私たちの生活に役立てる事が出来るクレジットカードの現金化ですが、やはり一部には悪質な詐欺業者と言うのも存在しています。

 

ここでは、詐欺被害にあってしまわないように、クレジットカード現金化業者の悪質な詐欺業者の手口をご紹介しましょう。

 

 

実態の無い現金化業者のホームページで、個人情報などを盗み取られてしまう。

ウェブでの申し込みが主となっている、現金化業者への申し込み。
しかし、中には入力フォームで個人情報を入力させる事のみを目的とする、実態の無い詐欺業者もあります。
盗まれた個人情報は「お金に困っている人」として闇金などに売られてしまい、闇金などの勧誘のきっかけになってしまう事も。

 

別の業者を紹介される。

これも昔からよく有る手口の一つで「ウチでは利用できないけど、○○と言う会社ならよく知っているから紹介してあげる」と甘い囁きで誘ってきます。
しかし、これは真っ赤な嘘で、適当な審査の甘い「街金」を紹介され、法外な紹介料を請求される、と言う詐欺です。
当然ですが、詐欺業者と街金には、なんの関係も無く。
ただ、不当に紹介料金を請求されるだけです。

 

こうした、詐欺業者が存在する。と言う事をしっかりと頭に入れた上で、間違いの無い業者選びをしていきましょう!