身分証明書は必須書類となりますが、その他は特段不要です。

誰もが納得の30社比較
MENU

必要な書類

クレジットカードさえあれば、現金を手にする事が出来る。

 

こうした謳い文句の「クレジットカード現金化」の業者をよく目にする様になってきました。
現金化とは、その名の通りクレジットカードのショッピング枠を現金に換える事が出来る、と言うもの。
既存のクレジットカードさえ持っていれば、新規に審査が必要の無い気軽さから、利用者が急増している、人気のサービスですね。
しかし、ここで疑問になってくるのが、果たして本当にクレジットカード1枚のみで現金化をする事が出来るのでしょうか?
ここでは、現金化に必要な、必要書類についてまとめてみました。

 

調べてみると、ほぼ全ての現金化業者で申し込みの際に「身分証明書」が必要であるようです。
それもそのはず、現在の現金化の方法の主流となっているのは、現金化業者から
「金」「宝飾品」などの価値ある商品を購入し、
それをまた現金化業者に買い取ってもらう事によって現金を得る、と言うもの。
そして、ユーザーのニーズに答える形で、購入した商品の返送を待たずに申し込み後すぐに振り込みをしてくれる業者がほとんどです。

 

よって、万一商品が返送されないと言った場合は、現金化業者にとっては赤字になってしまいますので、身分証明書を提示しなくてはならないのは至極当然の事と言えますね。

 

しかし、ここで心配なのが、現金化業者に身分証明書を提出する事にリスクは無いのか?と言う点です。
なんとなく、現金化業者に対してダーティなイメージを抱いている人は、身分証明書が悪用されないか、心配になってしまう事もあるでしょう。

 

現金化業者に身分証明書を提出する方法は、郵送か、Eメール・もしくは携帯電話などの写メールなどが、その方法になります。
ウェブなどを利用する際は、個人情報の漏えいなども心配になるかも知れませんが、優良な業者では当然セキュリティも十分に対策しており、心配する事はありません。
反面、一部悪質な詐欺業者も存在しますので、そうした業者に引っかからない為のリスクヘッジは必要ですね。