お金の貸し借りは、一歩間違えるとトラブルにもなってしまいがちですので、親しい間柄だからこそ、不義理をしないようにしましょう。

誰もが納得の30社比較
MENU

親族や友人からお金を借りる

 

例えば、急な支払いなどの際に、現金を持っていなかった場合、あなたならどうするでしょう??
不用品をお持ちならリサイクルショップに行っても良いでしょうし、クレジットカードなどのキャッシングなどでも良いでしょう。
また当サイトでも説明しているクレジットカード現金化なども1つの方法です。
しかし、一番先に思いつくのは、やはり親族や友人からの借り入れではないでしょうか?

 

何と言っても、親族や友人からの借り入れでのメリットと言えば、金利がかからない事
しかし、万一返済が滞った場合などには身近であるからこそ、トラブルにもなってしまう事もあります。

 

 

「金の貸し借りはトラブルの元」となってしまわないように、親族や友人から借り入れをする時こそ、気をつけなければならない点はあります。


 

ここでは、親族や友人から借り入れをする際の注意点についてまとめておきますので、お役立ていただければと思います。

 

返すあてのあるお金を借りる

これは常識以前の当然の事ではありますが、意外とお金が必要で焦っている時はわすれてしまいがちな事でもあります。
しかし、元々返せるあてのないお金を借りてしまうと、その貸してくれた人とトラブルになってしまうのは当然の事。
せっかく自分の事を信用してくれてお金を貸してくれた人に対して、不義理をしてしまわないようにしましょう。

 

いつまでに返す、と言う返済計画を提示する

これも常識の話ではありますが、いつまでに返済する、という約束は必ずしておきましょう。
貸した相手も、中々「金返せ!」とは言いにくいもの。お互いにもやもやしてしまい、関係が悪化してしまう事にも繋がってしまいます。

 

返す際には手土産などのお礼を添える

親族や友人からの借り入れの際に、金利を支払うかどうかは関係にもよるでしょうが、
親しい間柄でも、何らかのお礼はしておくべきでしょう。友人関係などであれば、食事をごちそうするなどで、お礼を示しましょう。

 

とかく、お金の貸し借りと言うのは、一歩間違えるとトラブルにもなってしまいがち。
親しい間柄だからこそ、お金の貸し借りにはきっちりしておきましょう!