消費者金融借り入れの限度額は、貸金業法の改正により年収の3分の1までに規制があり、計画的に自分の収入状況に応じた利用をするようにしましょう。

誰もが納得の30社比較
MENU

消費者金融でお金を借りる

 

当座で現金が必要になってしまった、そう言う時にやはり頼りになるのは消費者金融です。

 

消費者金融と聞くだけで、テレビドラマなどの闇金のイメージを思い起こしてしまい、
バッドなイメージを持っている人もいるかも知れませんが、貸金業法の改正から、大手の消費者金融は銀行などと提携し、クリーンなイメージに代わっています。

 

また、消費者の知識の向上から、高額な利率などの貸付は返済の義務がない事も広く知られ、消費者金融でも金利は思ったほど高く有りません

 

なかには年利10%前半などの低金利での貸付をしてくれる消費者金融もあり、
銀行よりもお手軽で、金利もさほど違いがない事から、家計の資金繰りに消費者金融を利用する人は増えています。

 

消費者金融を利用する際に、一番気になる点は家族や職場に知られたくないと言う点でしょう。

 

大手の消費者金融では、無人契約機が街中に多く設置されており、消費者金融の店頭に行かずとも借り入れの審査をする事が出来ます。

 

審査に必要なものとしては、

  • 運転免許証などの身分証明書
  • 会社の住所や電話番号などの情報
  • 収入についての情報
  • 他社からの借り入れの情報

のみで、審査をしてもらう事が出来ます。

 

無人契約機で、審査の開始から結果がでるまで、約15分から30分程度で終わります。

 

クレジットカード現金化のスピードまではいきませんが、即日現金という点では優れていると言えそうです。

→クレジットカード現金化スピードランキング

 

はじめて消費者金融を利用する場合は、正社員の方であればほぼ間違いなく審査は通るでしょう。

 

契約の際に、契約書や毎月の請求書の送付先を選択できますので、家族などに知られたくない場合は選択に注意しましょう。

 

借り入れの出来る限度額は、貸金業法の改正により年収の3分の1までと言う規制になっています。
計画的な利用を心がけ、自分の収入状況に応じた利用をするようにしましょう。

 

また、年利についても利用実績に応じて優遇を得る事も出来、契約の当時よりも年利を安く契約しなおす事も出来ます。
毎月の返済をしっかりとしておけば、結果、年利が安くなり返済が楽になる事にも繋がるのです。