クレジットカード現金化を学費に利用された事例をご紹介します。

誰もが納得の30社比較
MENU

34歳女性 専業主婦

「子供の入学金のために利用しました」

埼玉県で専業主婦をしており2人の子供がいるのですが、3歳違いなので今年は中学校と高校の入学が重なりました。
本人達の希望もあり少し無理して2人とも私立に通うことになったので入学金や教材準備の費用だけで軽く100万円を超えてしまいました。
これまでの貯金やパートの給料などをやりくりして80万円はなんとか工面したのですが、残りの20万はどうしても間に合わずスマイルギフトを利用しました。
最初は学校側にも「入学金の分割や時期を遅らせることができないか。」
などお願いはしていましたが「例外は認めない」ということで万が一指定日までに入金できなければ「入学を取り消す」とまで言われていました。

そんなことをしていたら肝心な振込日まであと1日というところまで来てしまい迎えてしまった入金日当日・・・

一人ではどうしようもできず、主婦仲間に相談をしたところ周囲も20万円という大金をすぐに貸せる人はいませんでしたが、過去にスマイルギフトを使ったことがあるという話があり急いで調べて電話をしました。

急ぐ主婦バナー

すでに14時を回っていたので担当者へ事情を説明したところ早急な対応をしてもらい電話から10分程度で20万円を振り込んでくれました。
ATMの前で待機し現金が着金次第そのまま学校側への送金を行い
ギリギリ14時50分ごろに支払いを間に合わせることができました。

しかし「貯金でまかなえる範囲でやり繰りをする」のが基本という考えは変わっていませんので、これからは私自身もパートを増やすなどしてこういったサービスに頼らずにも家計を助けてゆきたいと思っています。

手段はどうあれ、まずは子どもに希望した学校に行かせてあげられて本当によかったと感じています。