クレジットカード現金化を法人の運転資金に利用された事例をご紹介します。

誰もが納得の30社比較
MENU

54歳男性 商店経営

「銀行に融資を断られ、一時的な資金調達で利用しました」

 

私は下町で親の代から続く金属加工会社をやっております。
自動車関連の部品製造が多くどうしても世間的な売れ行きや大手自動車メーカーの業績に左右される状態が続いていました。

 

気を落とす男性

これまでも何度か資金ショートをして銀行や消費者金融で借り入れで回していたこともありますが、今回はどこの金融機関からも融資をしてもらえず「ついにこのまま廃業か・・」とまで考えていました。

 

しかし、一ヶ月耐えれば売掛の回収と新規受注分で取り返せることはわかっていたのでなんとか耐えしのぐ方法を考えていたところ、ふと広告を目にしたセーフティサポートにたどり着きました。
幸いにも法人クレジットカードの限度額は総額500万を超える枠があり、これを現金にすることで自転車操業ではあるもののピンチをくぐり抜けることができます。

 

とは言え金利計算をすると銀行とは比べ物にならない高額なので少し考えるところもありましたが、従業員の顔を思い浮かべたり、せっかく親から受け継いだ事業を続けていきたいという強い思いが後押しして一大決心をしたのです。
次の取引先からの入金があるまで約一ヶ月。もし取引先になにかあったら・・・と不安になることもありましたが無事に入金がありカードの支払いにも問題なく間に合いました。

 

今回は事業の立て直しという少し稀な使い方かもしれませんが、中小企業の社長や個人事業主など銀行や消費者金融からの融資がうまくいかなかったときの裏ワザとして知っておくと"イザ"というと気に助けられるサービスですね。