クレジットカードのはじまりやいろいろな豆知識を紹介します。

誰もが納得の30社比較
MENU

クレジットカードの豆知識

 

今や、私たちの生活に無くてはならないクレジットカード。
ほとんどの方が1枚以上、用途や買い物をするお店に応じて何枚ものクレジットカードを使い分けている、と言う方も少なくないのではないでしょうか??

 

あたり前のように私たちの生活と共にあるクレジットカードですが、クレジットカードの知識について知らない方がほとんどでしょう。

 

ここではクレジットカードの豆知識やはじまりについて説明します。

 

 

まずは、私たちの生活の良きパートナーとも言えるクレジットカードのはじまりについてお話していきましょう。

 

クレジットカードとして馴染のある、現在のプラスチック製のカードの形になってからは実は歴史が浅く、始めてプラスチック製のクレジットカードが登場したのは、日本初のクレジットカードである「日本ダイナースクラブ」が発足した1960年代始めの事でした。

 

現在のクレジットカードの前進、いわばクレジットカードの起源とも言えるものが登場したのは、今から100年以上も前の19世紀後半の事。
クレジットカードのはじまりは「フランク」と呼ばれる「紙製」の通信や荷物の支払いの為の「ペイメントカード」として発行されていたものが普及した事に起源します。
その後、石油会社や特定のお店などで使用出来る冊子型のクレジットカードが普及していきます。

 

ダイナースカード

 

そして1950年に、世界初のクレジットカード会社である
「ダイナースクラブ」が発足します。

 

 

ダイナースクラブ発足のきっかけは、創業者の一人フランク・ナクマクラがレストランで財布を忘れてしまい、慌ててしまった事から現金が無くても食事の出来るシステムを作ろうとした事から始まった・・・と言われていますが、これは実はダイナースクラブの企業のプロモーションのストーリーであり、先に述べているようにクレジットカードの基となるシステムはすでに存在していました。

 

そして半世紀以上たち、今やクレジットカードは無くてはならないシステムの一つになりました。
紙のクレジットカードが、プラスチックのカードになり、今後も時代に併せて進化していくでしょう。

 

 

現在ではクレジットカードにもたくさんの

などが追加され進化してきました。


 

その中でも、返済できずブラックリストになってしまい、クレジットカードを作れなくなってしまう人もいます。

 

便利な半面、使いすぎず、自分の管理能力を高めることも忘れないようにしましょう。