返済に関しての義務を果たせなかったときに、ブラックリストに登録されることになります。

誰もが納得の30社比較
MENU

ブラックリストとは?

 

「ブラックリスト」と言う言葉の知名度は高く、例え借金をした事の無い人でも、その名前くらいは聞いた事があるかも知れませんね。
しかし、正確にブラックリストと言うものの意味について知っている、と言う人は少ないかも知れません。

 

 

ここでは、ブラックリストとは?と言う事を知っておく事で、自分の家計のやりくりに対し、リスクヘッジをして起きましょう。


ブラックリストとは?

金融機関などの借り入れにかかわる「ブラックリスト」とは、自分の信用情報が「事故情報」として登録されている状態の事を指します。

ブラックリストと聞いて、黒い表紙のリストの様なものを想像していた人もいるかも知れませんが、実際には自分の情報のみが登録されている状態なのですね。

 

 

と言うのも、クレジットカードなどを新規に作成しようとする時には、必ず「審査」を経る必要があります。
クレジットカード会社などの金融機関には、共通の信用機関と言う物が存在しており、事故情報として信用機関に登録されてしまっていると、新規にカードを作れないと言う事になってしまいます。

 

ブラックリストに登録されてしまう条件としては、

  • 返済に遅れを出してしまい、数回連続して遅れて返済をしてしまう
  • 返済する事が出来なくなってしまい、保証人に弁済させてしまう
  • 自己破産や任意整理など、債務整理をしてしまう

と言った、返済に関しての義務を果たせなかった際にブラックリストに載ってしまう、と言う事になります。

 

こうして書くと、借金をした事の無い人などは「自分には関係無いな」と思ってしまいますが、実は油断は禁物。

 

近年、高額になっている傾向にあるスマホや携帯電話などの端末料金も実は「分割払い」の一種、当然の事ながら信用機関に登録されています。

 

携帯料金支払い遅れイメージ

ですから、実際にクレジットカードのキャッシングなどを利用した事がなくても、携帯電話の料金の支払いが遅れてしまうと、ブラックリストに載ってしまう事もあります。

 

知らずの内にブラックリストに登録されてしまう、何てこともありますので携帯料金も注意が必要です。