クレジットカードには「キャッシング機能」がついているものが多くあり、キャッシングの金利や手数料も、カード会社の収入の柱になっています。

誰もが納得の30社比較
MENU

クレジット会社の収入はどこから?

 

ユーザーにとっては、非常に利便性の高いクレジットカード。
近年では、年会費・入会費ともに無料のカード会社も多く、また、利用に応じてポイントも溜まるなど、非常に便利なサービスです。

 

また、翌月一括払いや2回払い、もしくはボーナス一括などの支払いスパン(リンク)だと、金利や手数料もかかる事が無く、ユーザーにとっては非常にお得なサービスですよね。

 

しかし、ここで余計な心配が出てしまうのが、

 

・年会費、入会費が無料
・一括、ボーナス払いで利用すると金利、手数料がかからない
・ポイントなどのキャッシュバックサービスがある

 

となると、クレジットカード会社はどうやって収入を得ているのか??と言う点が気になってきますよね。

 

ここでは、カード会社の収入はどこから来ているのか??と言う点についてお話して行きましょう!

 

 

カード会社の収入については、大きく分けて2つの収益源があります。

 

それが、
加盟店からの手数料収入
カード会員からのキャッシング、リボ払い等の手数料
です。

 

カードを使用する事の出来るお店などは、そのカードを決済に利用出来るようにする為にそのカード会社の「加盟店」に登録する必要があります。
そして、ユーザーが加盟店でカードを使用して買い物をすると、その買い物の金額の数パーセントをカード会社に「加盟店手数料」として支払う必要があるのですね。

 

加盟店であるお店や企業などが、何故手数料を支払ってまでクレジットカードを決済に利用出来るように加盟店登録をしているのか?と言うと、やはり商品を販売するにあたっての機会損失を防ぐ、と言うのが一番の理由なのではないでしょうか?

 

 

ユーザーが店に訪れ、商品が欲しいなと思った時に現金を持ち合わせて無かった場合、カードが利用出来れば、カードで購入してくれる事が多く有る、と言う事ですね。


 

また、ユーザーサイドの金利や手数料収入も、もちろん皆無と言う訳ではなく、クレジットカードには「キャッシング機能」がついているものも多く有ります。
そうしたキャッシングの金利や手数料も、カード会社の収入の柱になっているのですね。