ファストキャッシュに実際に申込みをしてクレジットカード現金化を体験してきました!

誰もが納得の30社比較
MENU

ファストキャッシュを実際に使ってみた

 

会員数100万人突破の実績を持ち、換金率とスピード対応の双方で評判の良いファストキャッシュを実際に利用したレポートをまとめました。

 

初めての現金化利用者に対しての対応も早いと評判で、実際に使ってみて人気の秘訣が分かりました。

 

ファストキャッシュの申し込みボタン

 

申込方法はWeb電話です。話をスムーズに進めるためにもWeb申込がオススメです。
入力時間は最短2分とありましたが、急いで入力したところ1分ちょっとの時間で完了しました。

 

簡単な内容でメールアドレスを覚えている人や電話帳からすぐにコピーできる環境があれば、誰でも2分以内で確実に入力できます。

 

ファストキャッシュの申込みフォーム

 

申込フォームを送信した瞬間に手元のストップウォッチをスタートさせます。
申込してから40秒ほどで折り返しの電話がかかってきました。
簡単な本人確認と申込確認を行い、現金化の説明が始まります。

 

スペックの変わるポイントは利用金額カード名義が個人か法人化の2点のみ。
それとキャンペーン適用や利用手続きにあたって利用回数も確認ポイントになります。

 

全ての情報は申込フォームで伝えているので、申込内容の確認を終えると条件の提示へ進んでいきます。
ここまでシンプルなスペックで不明な点もなくスムーズに話が進んでいきます。

 

必要な金額に対して、おすすめ商品の紹介と実際にキャッシュバックで受け取れる金額の説明を行われます。
現金化は初めてという設定で申込をしたので、簡単にクレジットカード現金化の仕組みについての解説もありました。
説明マニュアルがあるのか、短い説明時間でもとても分かりやすい内容でした。

 

全て即日プランのみで、キャンペーンの現金キャッシュバックを含めた金額で話を進めてもらえます。
換金率は25万円の利用でキャンペーンを合わせて94%弱の水準でした。
即日プランとしては破格の条件です。
納得すると、ネット通販のURLがメールで送付して、そこでカード決済で購入すれば手続き完了です。

購入決済の確認画面が出てから2分弱で提示された金額の振込がありました。

 

実際に現金化してみた感想

 

ここまで申込フォームを送信してから9分40秒。最短8分と明記してあったので若干遅れてしまいましたが、それでも他社と比べて早い対応です。
現金化初利用の条件で重要事項の説明もしっかりあった点も評価できます。

 

一般的なスピード対応に強い現金化業者は初回利用時で平均15分前後の時間がかかります。
ファストキャッシュは平均より5分ほどは早い時間で対応できました。
早さの理由はシンプルにしたスペックで、利用者の要望を聞きながら詳細を決めていくのではなく、必要な金額に応じて提示される商品の説明を受けるだけという点です。

 

換金率も高くてホームページ記載通りの内容だったので、えっ?と疑問を抱く場面もなくストレスなく利用できました。

 

 

WEB申し込みのススメ

WEB申し込みのススメ

 

 

>>ファストキャッシュの詳細情報はこちら

>>ファストキャッシュのお客様の声